歯周病

epark
診療時間
10:00~20:00
休診日
水・日・祝

高円寺駅「北口」から徒歩1分
03-6905-8553

キービジュアル

どうすれば歯周病は治るのか?
どうすれば再発を防げるのか?
どうすれば抜歯せずに済むのか?

何でも質問してください。
しっかりとした診査診断のもと、
全てにお答えします。
いつまでも治療を繰り返すのは
もう終わりにしましょう。

なぜ歯周病が治らないのか・・・?

ドクター

歯周病は歯石や歯垢を取り除けば良くなるものではありません。

歯周病は細菌による感染症。
私たちはこの事実を忘れてはいけません。
原因となっている菌を特定し、適切な治療方法を選択することで、初めて改善に向かいます。

当院はレントゲンや歯周ポケット検査、生活習慣の問診などの事前検査を通して原因菌を特定しています。
原因菌が判明すると、その細菌をピンポイントで死滅させられる投薬療法(歯周内科)が可能になります。短期間で終了し、かつ痛みを抑えた治療です。

取組み1. 位相差顕微鏡による細菌検査

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡は生きた状態の細菌を観察できる特殊な顕微鏡です。これにより細菌の種類や活動性がわかり、適切な治療法の選択ができるようになります。

取組み2. 歯周病原因菌を殺菌-「投薬療法(歯周内科)」

歯周病は原因菌を特定し、その細菌に効果的な薬を選択できなければ改善しません。

院長

例えばインフルエンザになった時、熱や咳が止まらなくなりますよね。
普通ならタミフルやリレンザを飲んで治すところです。
しかし、ただの風邪と勘違いして、普通の風邪薬を飲んでいたらどうなるでしょうか。
当然ですが、いつまで経ってもよくなりませんよね。

これは歯周病にも同じことが言えます。
検査で特定した原因菌に正しい薬を「投薬」することで初めて殺菌効果を発揮します。

取組み3. 歯科専用の治療用レーザー(ヤグレーザー)による殺菌

ヤグレーザー使用風景

当院では歯周病治療にもレーザーを活用しています。
医療用のレーザーであるため体への影響はございません。
レーザーを使用することのメリットは、主に次の3つです。

  1. 治療時間の大幅な短縮
  2. 殺菌効果
  3. 痛みが抑えられる

以下で詳しく説明します。

治療時間の大幅な短縮

レーザーを使用することで歯周病菌の温床となっている歯石を瞬時に分解できるようになり、従来の手作業で歯石を除去する治療と比べて、時間を大幅に短縮させることができるようになりました。さらにレーザーは従来の器具が届かなかった、歯茎の深い部分まで効果を発揮します。

殺菌・消毒効果

歯周病菌は歯周病を進行させる毒素を出しています。従来法ではこの毒素の除去は困難でしたが、この歯科用レーザーであれば容易に除去できます。治療経過も良好になりやすく、再発防止につながります。

痛みが抑えられる

レーザーは熱作用によって歯周病菌を殺菌するため、中には痛みを心配される方もいらっしゃいます。しかし、レーザーは僅か1万分の3秒単位で照射されるため痛みが抑えられます。

取組み4. 殺菌水の利用

殺菌水は口腔内の細菌に対して強い殺菌効果を持つ治療用の機能水です。
他の治療と併用して使用することで、より効果的に口腔内を殺菌することが可能になります。

コラム本当はかなり怖い「歯周病」という病(やまい)。お早めにご来院を

歯周病の本当の怖さは「歯が抜ける」ことではなく、脳卒中や心筋梗塞といった、命に関わる疾患を引き起こすところにあります。関係性が報告されているものとして次のものがあります。

歯周病と関連性が報告されている病気

中でも、「糖尿病」「心臓病」「早産」との相関性には注目が集まっています。
糖尿病は5倍心臓病は2.8倍リスクが高くなります。
そして、低体重児を出産した母親の多くが、歯周病が進行していたという報告もあります。
妊娠中の歯周病をそのままにしておくと早産の確率が高まるのです。
他にも「肺炎」「脳卒中」などとの関連性も指摘されています。
「歯周病は命に関わることはない」。
もしそんな認識を持っているなら、今すぐ改めることをお勧めます。

コラム「歯周病」を知らず知らずのうちに進行させる要因

私たちの生活の中には、歯周病を進行させる要因となるものが溢れています。
ご自身に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

  • 歯磨きをつい忘れがち
    細菌が繁殖しやすくなり、歯周病のリスクが高まります。
  • タバコを吸っている
    タバコは免疫機能を低下させるため、歯周病のリスクが高まります。
  • 歯並びが悪い
    歯磨きが行き届きにくくなり、歯石や歯垢が溜まりやすくなります。
  • 糖尿病
    身体の免疫力が低下するため、歯周病菌への抵抗力も下がります。
  • 不摂生・ストレス
    免疫力の低下や、歯ぎしりの要因となり歯周病を悪化させます。

個別相談のご案内

診療時間
午前:10:00 ~ 13:00---
午後:15:00 ~ 20:00---
  • ※ △:土曜日の診療は、09:00~13:00、14:00~17:00になります。
  • ※ 休診日は、水・日・祝になります。

Information

診療時間
10:00~20:00
休診日
水・日・祝

03-6905-8553

【住所】
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-10-5 関ビル2F
【アクセス】
高円寺駅「北口」から徒歩1分

このページの先頭に戻る