根管治療

epark
診療時間
10:00~20:00
休診日
水・日・祝

高円寺駅「北口」から徒歩1分
03-6905-8553

キービジュアル

再発を防ぐために最も効果的な方法は
原因菌へのアプローチです。

これ以上治療を繰り返したくない方。
当院にご相談ください。

そよかぜ歯科式- 可能な限り「再発を防ぐ」根管治療

当院で行っている「可能な限り再発を防ぐ」ための根管治療を具体的にご紹介します。

1. 根管の痛みや腫れ、そして再発の原因となる「」へのアプローチ

根管治療は、虫歯の原因菌が歯髄(歯の内部の神経)にまで達してしまった時に行う治療です。もし虫歯菌に侵された神経をすべて取り除けなかった場合や、完全に除菌できていない場合、何度治療しても再発を繰り返します。

「殺菌水」の利用

当院では強い殺菌効果のある機能水を活用して治療を行っています。これによって効果的に口腔内の殺菌が可能になります。

「ヤグレーザー」の使用

ヤグレーザー

レーザーを利用することで、複雑に入り組んでいる歯根内を隅々まで殺菌することができます。
レーザーは細菌にしか反応せず、健康な部位を痛めることはありません。
身体への影響を心配することなく治療を受けていただけます。

2. 治療部位を高倍率で拡大し可視化する「ルーペ」の使用

治療部位の視野をしっかり確保することが根管治療の成功率に直結します。そのために利用しているのが「ルーペ(拡大鏡)」と呼ばれる装置です。視野を何倍にも拡大してくれるため、根管治療には欠かせません。

ルーペ使用風景

3. 再感染・再治療を回避するための「唾液が患部に侵入することを防ぐ装置」の活用

バキューム(唾液や水を吸い上げる機器)に取り付けて、細菌や唾液を吸い上げることで無菌状態を作り出します。
これにより感染のリスクのない状態で治療することが可能になります。
また、この装置にはバネが付いており、患者様はこれを噛むことで、負担なくお口を開けたままの状態を維持することが出来ます。

ZOO

根管治療は細菌感染を防止できるかどうかで全てが決まります
言い換えればこの装置を使用しない根管治療は失敗する可能性が高くなるということです。

個別相談のご案内

診療時間
午前:10:00 ~ 13:00---
午後:15:00 ~ 20:00---
  • ※ △:土曜日の診療は、09:00~13:00、14:00~17:00になります。
  • ※ 休診日は、水・日・祝になります。

Information

診療時間
10:00~20:00
休診日
水・日・祝

03-6905-8553

【住所】
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-10-5 関ビル2F
【アクセス】
高円寺駅「北口」から徒歩1分

このページの先頭に戻る